R6.2.26 事務所移転のお知らせ 移転先

不貞慰謝料を請求された方へ

減額できますか?

もちろん請求額によりますが、ほとんどの事件では減額可能です。不貞慰謝料請求は、最初の請求額が高すぎるケースが多いので、きちんと根拠を示して交渉すれば、減額できることが多いんですね。私が依頼を受けた事件では、減額できなかったことがほとんどないくらいです。
ただ、交渉の仕方を間違えると、訴訟の決断をさせてしまうことがあるので、法律的な根拠を示して、慎重に交渉する必要があります。訴訟になると、時間もお金も余計にかかるのが普通ですからね。

分割にできますか?

分割交渉もお任せください。分割で示談をまとめた例は多数あります。
分割交渉は、「親に出してもらえ」などと言う人もいて、「親は関係ない」と言って拒否しても、なかなか納得しない場合もあります。プロの弁護士が、理不尽な要求は毅然と拒否しますので、安心してお任せください。

既婚者だと知らなかったのですが、支払う必要はありますか?

過失がない限り支払う必要はありません。過失というのは、既婚者だと気付かなかったことが不注意だと言えることです。どういう場合に過失が認められるかは、専門的な論文も出ているくらいなので、プロに判断をお任せください。
過失があるかどうかは、法律的な判断なので、単に「過失がない」と言って、支払いを拒否しても、相手は諦めず、訴訟するかもしれません。過失を否定して支払いを拒否するには、専門知識が不可欠です。

訴訟になってしまいますか?

弁護士を付けて対処すれば、訴訟を回避できる場合も多いです。弁護士同士の交渉なら、訴訟した場合にどのような結果になるかを双方が予測して、妥協点を見つけることができるので、訴訟を回避しやすくなります。